形式手法モデル理論アプローチ  実践編

高原康彦, 齋藤敏雄, 旭貴朗, 柴直樹, 竹田信夫, 高木徹 著

「論理トレーニングから始めて、システム理論の基礎を学びながら、その応用として情報システムを開発する」ための教科書。情報システムをソフトウェア工学の対象ではなく、システム理論の対象としている。2007年に刊行された『形式手法モデル理論アプローチ-情報システム開発の基礎』の改訂第2版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5章 システム開発環境を実現する(言語CAST(Computer Acceptable Set Theory)
  • 言語CASTの解説およびMTA‐SDKの所在
  • 開発実行環境の入手と設置
  • MTA‐SDKクイックスタート
  • システム開発環境の操作)
  • 第6章 問題解決システムを開発する(問題解決システム
  • 狼、山羊、キャベツの川渡し問題
  • 水差し問題
  • 巡回セールスマン問題)
  • 第7章 業務処理システムを開発する(業務処理システム
  • 業務処理システムのモデル
  • 業務処理システムの開発
  • 開発例1:書店売掛管理システム
  • 開発例2:酒問屋のシステム)
  • 第8章 シミュレーションシステムを開発する(価格調整システムのシミュレーション
  • 二体力学系のシミュレーション
  • モデリングの基礎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 形式手法モデル理論アプローチ
著作者等 旭 貴朗
柴 直樹
竹田 信夫
高原 康彦
高木 徹
齋藤 敏雄
書名ヨミ ケイシキ シュホウ モデル リロン アプローチ : ジョウホウ システム カイハツ ノ キソ
書名別名 情報システム開発の基礎

Keishiki shuho moderu riron apurochi
巻冊次 実践編
出版元 日科技連出版社
刊行年月 2016.2
版表示 第2版
ページ数 147p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8171-9573-9
NCID BB20958774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22698078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想