秩序変動と日本外交

添谷芳秀 編著

国際秩序が大きく動くなかで、「九条」と「日米安保」という異なる時代環境の産物を抱え続ける日本外交。「拡大」と「収縮」の誘因がせめぎ合う日本外交の七〇年を振り返り、安保政策の拡大に踏み出した今後を考えるための視座を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(中庸としての「九条・安保体制」
  • 戦後論壇における日本外交論-敗戦直後から冷戦終結まで)
  • 第2部 冷戦期の東アジアと日本(安保条約の起源-日本政府の構想と選択、一九四五‐一九五一年
  • 池田政権の対共産圏外交-ソ連・中国と「非冷戦化」の模索
  • ベトナム戦争終結期の米国の東南アジア秩序構想-一九六九‐一九七五年
  • ポスト・ベトナム期の東南アジア秩序と日本外交-一九六九‐一九八〇年)
  • 第3部 冷戦後の新展開(冷戦後東アジアの秩序変動と日本外交-パワー・トランジション研究から見る対立の構図と展望
  • 冷戦後日豪関係の発展と中国-「チャイナ・ギャップ」と「チャイナ・コンセンサス」の間で
  • 日米同盟の「グローバル化」とそのゆくえ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秩序変動と日本外交
著作者等 添谷 芳秀
書名ヨミ チツジョ ヘンドウ ト ニホン ガイコウ : カクダイ ト シュウシュク ノ ナナジュウネン
書名別名 拡大と収縮の七〇年
シリーズ名 慶應義塾大学東アジア研究所叢書
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2016.3
ページ数 268p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2315-0
NCID BB20952177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22728401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想