白井鐵造と宝塚歌劇

田畑きよ子 著

白井鐵造訳詞のタカラヅカ愛唱歌「すみれの花咲く頃」の誕生秘話が明らかに!百年の歴史を刻んだ宝塚歌劇の基礎を作った名演出家・白井鐵造-そのデビューから黄金期までの作品と生涯をたどり、「レビューの王様」と呼ばれた実像に迫る。宝塚OGが証言する厳しく徹底した指導ぶり、演出家による称揚も所収して、白井独特の美学と舞台作りの魅力を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 白井鐵造レビューへの道のり-一九一三‐二一年
  • 第2章 デビュー作で生み出した作劇法-一九二一‐二九年
  • 第3章 『モン・パリ』と『パリゼット』を比較して-一九二七‐三〇年
  • 第4章 宝塚の進むべき道-レビューからオペレッタへ:戦前篇
  • 第5章 黄金期の白井作品-戦後の活躍
  • 第6章 白井鐵造を語る-インタビューでつづるその姿
  • 第7章 海外公演と白井鐵造
  • 第8章 白井レビューは、次世代へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白井鐵造と宝塚歌劇
著作者等 田畑 きよ子
書名ヨミ シライ テツゾウ ト タカラズカ カゲキ : レビュー ノ オウサマ ノ ヒト ト サクヒン
書名別名 「レビューの王様」の人と作品
出版元 青弓社
刊行年月 2016.2
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-7386-4
NCID BB20944215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22710472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想