民意と社会

安野智子 編著

[目次]

  • 第1章 「相対」政党支持率と「相対」内閣支持率の安定性について-マスコミの世論調査の信頼性(政党支持率・内閣支持率のデータ
  • 標本調査における誤差-標本誤差を中心に ほか)
  • 第2章 内閣支持率の測定と内閣交替希望時期-ネット調査の分析(課題
  • 測定方法とデータ ほか)
  • 第3章 2010年名護市長選挙における「民意」の動態-投票行動の変化と普天間問題をめぐる態度変化(国政と地方政治とのリンケージ
  • 分析 ほか)
  • 第4章 小選挙区比例代表並立制における比例公認(二大政党の比例公認の原則
  • 楽勝公認の使い道 ほか)
  • 第5章 原子力発電をめぐる態度変化とその規定要因(政治的洗練度と世論過程
  • 本研究の仮説と取り上げる争点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民意と社会
著作者等 安野 智子
書名ヨミ ミンイ ト シャカイ
書名別名 Min'i to shakai
シリーズ名 中央大学社会科学研究所研究叢書 30
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2016.3
ページ数 129p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8057-1331-0
NCID BB20940677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22727155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想