コミュニケーションへの言語的接近

定延利之 著

[目次]

  • 前提(これまでのコミュニケーション観
  • 話しことば
  • 共通語と方言
  • 手法)
  • 伝達を前提とするコミュニケーション観の批判的検討(伝達を前提とするコミュニケーション観の問題(「伝達者」の無権利性
  • 特権性の容認不可能性
  • 発話の可能性・必要性・丁寧さ
  • 「強調」「やわらげ」依存過多)
  • 提案「あらかさまにやってみせる」という発話観)
  • 意図を前提とするコミュニケーション観の批判的検討(意図を前提とするコミュニケーション観の問題(話しことばの誤用不可能性
  • キャラクタ
  • 言語現象の説明)
  • 伝達と意図を前提とするコミュニケーション観の検討
  • 提案 身体的な発話観)
  • 共在を前提とするコミュニケーション観の批判的検討(共在とインタラクション
  • インタラクションと言語表現
  • 意識のし合いが含まれるインタラクション
  • 共在と了解
  • 提案「当事者たちが「当事者間で共在が了解されている」と確信している際」)
  • 行動を前提とするコミュニケーション観の批判的検討(コミュニケーション行動
  • 状況
  • 提案 暮らしとしてのコミュニケーション観
  • 予想される反論と再反論、補足)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションへの言語的接近
著作者等 定延 利之
書名ヨミ コミュニケーション エノ ゲンゴテキ セッキン
書名別名 A Linguistic Approach to Communication

Komyunikeshon eno gengoteki sekkin
シリーズ名 ひつじ研究叢書 言語編第129巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2016.3
ページ数 356p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89476-762-1
NCID BB20940553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22749710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想