中世の法秩序と都市社会

高谷知佳 著

[目次]

  • 日本中世都市史と法
  • 第1部 室町期奈良の法秩序(都市法の内と外-中世奈良の都市賦課をめぐって
  • 中世奈良における商業紛争と先例
  • 奈良徳政令の意思決定)
  • 第2部 室町期京都の都市支配と流通の秩序(室町幕府の首都支配と関所政策
  • 畿内近国の率分関と領域的支配)
  • 第3部 室町期京都と社会不安(室町期の大織冠像破裂-中世における一宗教的法理の射程
  • 首都社会の怪異と室町幕府
  • 中近世移行期の首都社会と怪異)
  • 第4部 比較都市論の可能性(比較中世都市論への視点-西欧・イスラム・日本
  • 「文化としての都市」の比較に寄せて-河原温氏『都市の創造力』書評を通して)
  • 都市インフラとしての法秩序

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の法秩序と都市社会
著作者等 高谷 知佳
書名ヨミ チュウセイ ノ ホウチツジョ ト トシ シャカイ
出版元 塙書房
刊行年月 2016.3
ページ数 359,12p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8273-1282-9
NCID BB20910428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22727153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想