超対称性理論とは何か

小林富雄 著

標準理論に残された「階層性問題」を解決し、謎だった「暗黒物質」の正体をつきとめ、さらに「力の大統一」が達成される-。素粒子と時空を結びつけ「なぜこの宇宙が存在するのか」という根源的な問いに答える究極の理論に迫ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素粒子の世界の対称性(この世は素粒子でできている
  • 力のもとも素粒子 ほか)
  • 第2章 スピンの正体(角運動量とは
  • 光が粒子で、電子が波? ほか)
  • 第3章 ゲージ対称性と標準理論(ゲージ対称性と4つの力
  • 電磁力とくりこみ ほか)
  • 第4章 超対称性とは何か(異なるスピンをひとまとめに-超対称性前史
  • 超対称性の誕生 ほか)
  • 第5章 超対称性粒子を探せ(暗黒物質の発見
  • 暗黒物質の正体とは? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超対称性理論とは何か
著作者等 小林 富雄
書名ヨミ チョウタイショウセイ リロン トワ ナニカ : ウチュウ オ ツカサドル キュウキョク ノ タイショウセイ
書名別名 宇宙をつかさどる究極の対称性

Chotaishosei riron towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス B-1960
出版元 講談社
刊行年月 2016.3
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257960-5
NCID BB20904287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22727937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想