学びとは何か

今井むつみ 著

「学び」とはあくなき探究のプロセスだ。たんなる知識の習得や積み重ねでなく、すでにある知識からまったく新しい知識を生み出す。その発見と創造こそ本質なのだ。本書は認知科学の視点から、生きた知識の学びについて考える。古い知識観-知識のドネルケバブ・モデル-から脱却するための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記憶と知識
  • 第2章 知識のシステムを創る-子どもの言語の学習から学ぶ
  • 第3章 乗り越えなければならない壁-誤ったスキーマの克服
  • 第4章 学びを極める-熟達するとはどういうことか
  • 第5章 熟達による脳の変化
  • 第6章 「生きた知識」を生む知識観
  • 第7章 超一流の達人になる
  • 終章 探究人を育てる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学びとは何か
著作者等 今井 むつみ
書名ヨミ マナビ トワ ナニカ : タンキュウジン ニ ナル タメ ニ
書名別名 〈探究人〉になるために
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1596
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 230,7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431596-4
NCID BB20903604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22737263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想