犬と鷹の江戸時代

根崎光男 著

江戸時代、犬・鷹・人間との関係には将軍権力が密接に絡み合っていた。「犬公方」綱吉や「鷹将軍」吉宗の積極的な鳥獣政策に翻弄される庶民生活。両者の諸政策を対比し、元禄〜享保年間に揺れ動いた政治や文化を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動物好きの将軍の影響力-プロローグ
  • 綱吉政権と鷹
  • 生類憐み政策と犬
  • 中野の犬小屋
  • 吉宗政権と鷹狩り
  • 鷹場環境の保全
  • 吉宗の犬政策
  • 江戸時代の犬と鷹-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犬と鷹の江戸時代
著作者等 根崎 光男
書名ヨミ イヌ ト タカ ノ エド ジダイ : イヌクボウ ツナヨシ ト タカショウグン ヨシムネ
書名別名 〈犬公方〉綱吉と〈鷹将軍〉吉宗

Inu to taka no edo jidai
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 423
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.4
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05823-0
NCID BB2090285X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22729203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想