いい子に育てると犯罪者になります

岡本茂樹 著

意外なことに、刑務所への出入りを繰り返す累犯受刑者には「いい子」だった者が多い。自分の感情を素直に出さず、幼少期から無理を重ね、親の期待する役割を演じることに耐えられなくなった時、積もり積もった否定的感情が「犯罪」という形で爆発するのだ。健全な子育ては、「いい子」を強いるのではなく「ありのままの姿」を認めることから始まる-。矯正教育の知見で「子育ての常識」をひっくり返す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明るく笑う「いい子」がなぜ罪を犯すのか
  • 第2章 少年院に入ると、さらに悪くなる
  • 第3章 受刑者の心の奥底にある幼少期の問題
  • 第4章 「つらい過去」に蓋をしてはいけない
  • 第5章 子どもの前に、親が自分自身を受け入れる
  • 第6章 幼少期の子育てで知っておきたいこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いい子に育てると犯罪者になります
著作者等 岡本 茂樹
書名ヨミ イイコ ニ ソダテル ト ハンザイシャ ニ ナリマス
シリーズ名 新潮新書 659
出版元 新潮社
刊行年月 2016.3
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610659-0
NCID BB2090064X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22728184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想