幕末遣外使節物語

尾佐竹猛 著 ; 吉良芳恵 校注

万延元年(1860)、新見豊前守一行は、遣米使節として、初めてアメリカを巡行する。サムライたちは、言葉、風俗の全く異なる文化に驚きながら、日本人としての矜持を持ちつつ西洋を理解しようと努める。日記類、新聞記事等の資料を駆使した幕末史の好読物である。他に竹内下野守、池田筑後守、徳川民部大輔一行の遣欧使節物語を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遣米使節 新見豊前守一行(万延元年)
  • 遣欧使節 竹内下野守一行(文久二年)
  • 遣仏使節 池田筑後守一行(文久三年)
  • 遣仏使節 徳川民部大輔一行(慶応三年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末遣外使節物語
著作者等 吉良 芳恵
尾佐竹 猛
書名ヨミ バクマツ ケンガイ シセツ モノガタリ : イテキ ノ クニ エ
書名別名 夷狄の国へ

Bakumatsu kengai shisetsu monogatari
シリーズ名 岩波文庫 33-182-2
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 352p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-331822-5
NCID BB20900515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22743138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想