戦場カメラマンの仕事術

渡部陽一 著

イスラム過激派の勢力拡大で戦場取材は一層危険を増す中でも、現場へ入ることをやめない戦場カメラマン・渡部陽一。さらに自らも父として家族を養う立場となり、かつてのような取材スタイルを維持することは難しくなった。環境の変化や葛藤を抱えながら、それでも苦しむ人々の姿を世界に伝える責務を負い続ける彼は今、どんな手順を踏んで仕事を遂行しているのか?「撮ったものは必ず持ち帰って発表する」という任務を全うするため、いかに万が一を回避する危機管理を行っているのか?信頼の置けるガイドを探り当て、安全に目標に辿り着き、スムーズに取材を行うための百戦錬磨のスキルと考え方を本書の第一部で紹介。続く第二部は、彼が駆け出しのカメラマンの頃に出会い、取材のやり方と心構えを手取り足取り教わった恩師である日本人ジャーナリストとの対談集。異業種のビジネスパーソンにも響く、様々なキーワードが登場する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 僕が見てきた世界(取材は準備から始まる
  • 戦場カメラマンになろうとは思わなかった
  • 現場で学んだ取材の作法
  • 戦場取材のリアル
  • 戦場では活字が心の癒やしになる)
  • 第2部 僕が出会った日本のジャーナリスト(山本皓一(フォトジャーナリスト)
  • 松浦一樹(読売新聞社)
  • 渡辺照明(産経新聞社)
  • 原田浩司(共同通信社))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦場カメラマンの仕事術
著作者等 渡部 陽一
書名ヨミ センジョウ カメラマン ノ シゴトジュツ
書名別名 Senjo kameraman no shigotojutsu
シリーズ名 光文社新書 809
出版元 光文社
刊行年月 2016.3
ページ数 194p 図版16p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03912-7
NCID BB20899154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22720521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想