唯識の思想

横山紘一 [著]

科学・哲学・宗教の三面をあわせもつ普遍的仏教思想、唯識。「生かされて生きること」を智る大乗仏教の根本思想は、八種の識が世界を生み出し、感覚や思いや言葉は深層の心から表層に現れると説く。不可思議にして深遠な心の構造を観察・分析し、そのありようを解き明かす唯識とは何か。この古くて新しい思想の世界へといざなう、最良の唯識入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一人一宇宙
  • 心が迷う
  • 意識の働き
  • 心は微細に働く
  • 自我に執われてしまう人間
  • すべてのものは心が生み出す
  • 新しい身体観
  • 心の深層が作り出す自然
  • ヨーガの生活
  • さわやかな覚醒の朝を迎える
  • 他者のために生きる
  • 「唯識」をいまに生かす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唯識の思想
著作者等 横山 紘一
書名ヨミ ユイシキ ノ シソウ
シリーズ名 講談社学術文庫 2358
出版元 講談社
刊行年月 2016.3
ページ数 280p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292358-3
NCID BB20896644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22705309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想