メディアは社会を変えるのか

津田正太郎 著

学問としてのメディア研究はおもしろい!メディアと社会の様々な接点(国家、戦争、都市、原発、etc.)と、マスコミュニケーション理論から、複雑な現代社会のとらえ方をわかりやすくレクチャー。学問のおもしろさをまっすぐに伝える入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 何のためにメディアを学ぶのか
  • 第1部 現代社会とメディア(メディアは社会のあり方を変えるのか
  • 国家はいかに情報ネットワークを活用してきたのか
  • メディアはナショナリズムを高揚させるのか
  • 戦争プロパガンダにメディアはどのように関わってきたのか
  • メディアは資本主義といかに結びついてきたのか
  • 変化する都市空間でメディアはいかなる役割を果たすのか
  • 開発途上国の発展にメディアは役立つのか
  • メディアは国境を越えるのか)
  • 第2部 マスメディアと世論(マスメディアは世の中を操っているのか
  • マスメディアはなぜ批判されるのか
  • マスメディアは世論にいかなる影響を及ぼすのか
  • メディアは民主主義の停滞をもたらしているのか)
  • 第3部 社会問題とメディア(社会問題とメディアはいかに関わるのか
  • メディアは犯罪をいかに描くのか
  • メディアは貧困を再生産するのか
  • メディアは排外主義といかなる関係にあるのか
  • メディアは原発をいかに報じてきたのか)
  • 何のためにメディアを学ぶのか、再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアは社会を変えるのか
著作者等 津田 正太郎
書名ヨミ メディア ワ シャカイ オ カエル ノカ : メディア シャカイロン ニュウモン
書名別名 メディア社会論入門
出版元 世界思想社
刊行年月 2016.3
ページ数 249p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7907-1680-8
NCID BB20891640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22747691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想