おいしさの人類史

ジョン・マッケイド 著 ; 中里京子 訳

人類は「おいしい!」を獲得することで進化した。23種類の「苦み」、「まずい」をめぐるダーウィンの研究、「甘み」の快楽、そして分子ガストロノミー…味わっているのにもかかわらず知らなかった、"味覚"5億年の壮大な歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 舌の味覚分布地図
  • 第2章 風味の誕生-五つの食事をめぐって
  • 第3章 苦味の遺伝子
  • 第4章 風味の文化
  • 第5章 甘味の誘惑
  • 第6章 味と嫌悪感
  • 第7章 辛さの探求
  • 第8章 後期重爆撃期
  • 第9章 美味のDNA

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おいしさの人類史
著作者等 McQuaid, John
中里 ピニングトン京子
中里 京子
マッケイド ジョン
書名ヨミ オイシサ ノ ジンルイシ : ジンルイ ハツ ノ ヒトカミ カラ ウマミ カクメイ マデ
書名別名 TASTY

人類初のひと嚙みから「うまみ革命」まで

Oishisa no jinruishi
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.2
ページ数 279,22p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-25345-9
NCID BB20883303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22719819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想