伝統主義と文明社会

小島秀信 著

保守主義の父から文明社会の隠された"構造"を学ぶ。エドマンド・バーク(1729‐97)は、封建的階層制秩序の擁護と自由市場の擁護という一見相容れない立場の両立を唱える。文明社会が不可避的に生み出す悲惨な労働者の存在と、何としても文明社会の恩恵は必要だという固い信念との間で悩み抜いたバークの思想は、今日の格差社会を考えるにあたっても学ぶべき点は限りなく多い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 バーク研究の論点
  • 第1章 文明社会の危機-プライスとバーク
  • 第2章 文明社会の政治的基礎-イギリス均衡国制
  • 第3章 文明社会の精神的基礎-騎士道と宗教の精神
  • 終章 文明社会を"保守"するために
  • 補論1 バークのインド論-伝統文化主義の新地平
  • 補論2 バークとハイエクの社会経済思想-伝統・市場・規範性
  • 資料 バークのスミス宛書簡およびスミス『道徳感情論』書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝統主義と文明社会
著作者等 小島 秀信
書名ヨミ デントウ シュギ ト ブンメイ シャカイ : エドマンド バーク ノ セイジ ケイザイ テツガク
書名別名 エドマンド・バークの政治経済哲学
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2016.2
ページ数 392p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-947-8
NCID BB20881498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22717904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想