写真のなかの「わたし」

鳥原学 著

携帯電話やスマートフォンで、誰もが気軽に撮影する。撮った写真を人に送ったり、SNSで広めたりもする。いちばん多く撮るのが、ポートレイト写真。なぜみんな撮りたがる?それにはどんな意味がある?写真の誕生からプリクラ、自撮りまで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポートレイトは何を語るのか(顔を集める
  • パターンのなかの個性
  • 証明写真の役割
  • 顔が物語っているもの)
  • 第2章 理想の私を求めて-ファッションとポートレイト(現実と理想とのギャップ
  • 日本人のモード
  • 「読者モデル」と「ストリートスナップ」)
  • 第3章 自撮りとコスプレ(自分を描く動機
  • プリクラと写メ
  • コスプレ写真の現在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真のなかの「わたし」
著作者等 鳥原 学
書名ヨミ シャシン ノ ナカ ノ ワタシ : ポートレイト ノ レキシ オ ヨム
書名別名 ポートレイトの歴史を読む
シリーズ名 ちくまプリマー新書 251
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.3
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68955-9
NCID BB20879113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22714423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想