人口減少社会と寺院

櫻井義秀, 川又俊則 編

お寺がつなぐ人と地域。宗勢調査や寺院調査などの一般には未知の資料を丁寧に読み解き、主要宗派の寺院のリアルを活写、地域に生きるお寺の未来を展望する、類いまれな一冊。寺院の消滅=地方の消滅!?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人口減少社会と宗教(人口減少社会における心のあり方と宗教の役割
  • 過疎と宗教-三〇年をふりかえる)
  • 第2部 宗派の現状と課題(過疎と寺院-真宗大谷派
  • 信頼は醸成されるか-浄土真宗本願寺派
  • 住職の兼職と世代間継承-真宗高田派
  • 宗勢調査に見る現状と課題-日蓮宗
  • 過疎地域における供養と菩提寺-曹洞宗
  • 寺院の日常的活動と寺檀関係-浄土宗)
  • 第3部 寺と地域社会(門徒が維持してきた宗教講-真宗高田派七里講
  • 抵抗と断念-地方寺院はなぜ存続をめざすのか
  • 廃寺-寺院・門信徒の決断
  • 仏婦がつくる地域-ビハーラの可能性
  • 坊守がつなぐ地域-寺院は女性で支えられる
  • 傾聴する仏教-俗世に福田を見る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口減少社会と寺院
著作者等 Freidrich, Daniel
冬月 律
原 一彰
坂原 英見
大谷 栄一
岩田 親靜
川又 俊則
横井 桃子
櫻井 義秀
池浦 英晃
灘上 智生
猪瀬 優理
相澤 秀生
稲本 琢仙
藤喜 一樹
那須 公昭
書名ヨミ ジンコウ ゲンショウ シャカイ ト ジイン : ソーシャル キャピタル ノ シザ カラ
書名別名 Buddhist Temples in Depopulating Japan

Buddhist Temples in Depopulating Japan : ソーシャル・キャピタルの視座から
出版元 法藏館
刊行年月 2016.3
ページ数 425p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8318-5702-6
NCID BB20845439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
人口減少社会における心のあり方と宗教の役割 桜井義秀
仏婦がつくる地域 猪瀬優理
住職の兼職と世代間継承 藤喜一樹
信頼は醸成されるか 那須公昭
傾聴する仏教 桜井義秀
坊守がつなぐ地域 横井桃子
宗勢調査に見る現状と課題 岩田親靜, 池浦英晃 ほか, 灘上智生
寺院の日常的活動と寺檀関係 大谷栄一
廃寺 坂原英見
抵抗と断念 ダニエル・フリードリック, 稲本琢仙
過疎と宗教 冬月律
過疎と寺院 櫻井義秀, 桜井義秀
過疎地域における供養と菩提寺 相澤秀生
門徒が維持してきた宗教講 川又 俊則
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想