憲法に緊急事態条項は必要か

永井幸寿 著

災害やテロ対策を理由に、憲法を改正して国家緊急権に関する規定、緊急事態条項を入れようという動きがある。そもそも、国家緊急権とは何か。沿革は?他国の憲法はどうなっているか?憲法に入れれば本当に国民の生命、財産が守られるのか?緊急事態条項に関する最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 緊急事態条項(国家緊急権)とは何か
  • 2 国家緊急権の歴史-どうして生まれたか
  • 3 日本国憲法はどう考えているのか
  • 4 国家緊急権がないと災害やテロに対応できないか
  • 5 外国の国家緊急権
  • 6 自民党の緊急事態条項案(国家緊急権案)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法に緊急事態条項は必要か
著作者等 永井 幸寿
書名ヨミ ケンポウ ニ キンキュウ ジタイ ジョウコウ ワ ヒツヨウ カ
書名別名 Kenpo ni kinkyu jitai joko wa hitsuyo ka
シリーズ名 岩波ブックレット No.945
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 79p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270945-1
NCID BB20822400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22739369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想