近代日本とフランス象徴主義

坂巻康司 編

上田敏が『海潮音』を発表してから100年経った今もなお、日本の文壇/論壇/詩壇に影響を与え続けているフランス象徴主義は、いかにして本邦に移入されてきたのか?明治大正における初期の受容からマチネ・ポエティクの時代、そして近代日本文学における創造的な受容から象徴主義の克服を経て現代までを総覧し、その意義を究明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フランス象徴主義はいかに日本に移入されたのか-一八九五年から一九九五年までの歩み
  • 第1部 明治大正期における受容(蒲原有明におけるフランス象徴詩の受容-『有明集』「豹の血」を視点として
  • 野口米次郎の象徴主義-日本文化に見いだされた象徴主義
  • 魂と形相-クローデルの日本体験
  • 堀口九萬一と大學のフランス詩訳)
  • 第2部 マチネ・ポエティクの時代(定型詩からフィクションへ-中村真一郎におけるネルヴァル
  • 福永武彦におけるボードレール-研究と創作のあいだ
  • 加藤周一とヴァレリー-知性の仕事としての象徴主義)
  • 第3部 創造的受容-ボードレールとランボーの場合(萩原朔太郎とボードレール-感覚と声の詩学
  • 梶井基次郎におけるボードレール
  • ランボー受容史-中原中也から私の詩作まで)
  • 第4部 象徴次義の超克?("球体"脱出のもうひとつの道-小林秀雄における象徴主義の超克
  • マラルメ研究史のなかの田辺元-『ヴァレリイの芸術哲学』から『マラルメ覚書』へ
  • 寺山修司におけるロートレアモン-書物からスクリーンへ、スクリーンから街へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本とフランス象徴主義
著作者等 坂巻 康司
堀 まどか
大出 敦
寺本 成彦
岩津 航
柏倉 康夫
森本 淳生
渋谷 裕紀
田口 亜紀
立花 史
西岡 亜紀
野村 喜和夫
釣 馨
書名ヨミ キンダイ ニホン ト フランス ショウチョウ シュギ
出版元 水声社
刊行年月 2016.2
ページ数 404p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8010-0151-0
NCID BB20822375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22710211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想