道徳と自然宗教の原理

ケイムズ 著 ; 田中秀夫, 増田みどり 訳

ヒュームの哲学を認識論・道徳論の二面から徹底批判したケイムズ。スコットランド学派の哲学論争を垣間見ることができる好著。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(苦悩の対象にいだく我々の愛着
  • 道徳の基礎と原理
  • 自由と必然
  • 人格の同一性)
  • 第2部(信念
  • 外的感覚
  • 視覚についてのさまざまな理論
  • 物質と精神
  • 力、原因、結果
  • 未来の出来事についての知
  • 暗闇のなかの超自然的な力への恐れ
  • 神についての知)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳と自然宗教の原理
著作者等 Kames, Henry Home
Kames, Henry Home, Lord
増田 みどり
田中 秀夫
ケイムズ
書名ヨミ ドウトク ト シゼン シュウキョウ ノ ゲンリ
書名別名 Essays on the Principles of Morality and Natural Religion

Dotoku to shizen shukyo no genri
シリーズ名 近代社会思想コレクション 16
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2016.3
ページ数 352p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87698-886-0
NCID BB20815529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22725196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想