危険な道

ユスリー・フーダ 著 ; 師岡カリーマ・エルサムニー 訳

首謀者みずからが9.11の真相を語る。世界の諜報機関さえ居場所を知らなかったアルカイダ幹部と48時間過ごした元アルジャジーラ記者の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アルカイダへの道(未知への招待
  • ボールは転がる
  • ロング・キス・グッドナイト
  • 神はあなたを許します
  • 安全な家へ ほか)
  • 第2部 未知への越境(旅の始まり
  • 伝令係と計画B
  • ここに、ハーリド・ブン・ワリード
  • レバノンのトラボラ
  • 越境直前 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危険な道
著作者等 Fawdah, Yusrī
師岡 カリーマ・エルサムニー
Fouda Yosri
フーダ ユスリー
書名ヨミ キケン ナ ミチ : キュウ イチイチ シュボウシャ ト カイケン シタ ユイイツ ノ ジャーナリスト
書名別名 9.11首謀者と会見した唯一のジャーナリスト
出版元 白水社
刊行年月 2016.2
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-560-08488-5
NCID BB20804384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22711282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 アラビア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想