腎と骨

花房規男 編

[目次]

  • 1章 概説(CKD‐MBDの概念を俯瞰する)
  • 2章 総論(CKD‐MBDの概念が指し示すもの
  • 日本透析医学会のガイドラインについて ほか)
  • 3章 病態(血管石灰化-その機序から治療介入
  • 運動器の障害:骨折、関節石灰化、サルコペニア ほか)
  • 4章 治療(リン吸着薬を主とするリン低下薬の重要性とその使い方
  • CKD‐MBDに対する内科的治療 ほか)
  • 5章 トピックス(Calciprotein particleのCKD‐MBDにおける意義
  • CKD‐MBDにおける医療経済 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腎と骨
著作者等 花房 規男
書名ヨミ ジン ト ホネ : シーケーディー エムビーディー ノ ガイネン カラ アラタ ナ テンカイ エ
書名別名 CKD-MBDの概念から新たな展開へ
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2016.2
ページ数 231p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7532-2780-8
NCID BB20799659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22716575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想