〈68年〉の性

小松原由理 編著

これまでの68年論が見落としてきた文芸作品や芸術表現、解放を目指した運動の陰で抑圧されていた女性問題などを取り上げて、変革のなかで「性と身体」がどのように語られてきたのかを検証する。アメリカの白人・黒人社会の女性差別、強制不妊手術、男性中心的な視点からの性の解放、中絶をめぐる闘いと女性性の新たなる地平、白土三平の『カムイ伝』で読む政治と女性…。60年代論の新機軸を提示する論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幽閉されるアメリカン・ヒロイン-十九世紀末から一九六〇年代へ
  • 第2章 誰の"身体"か?-アメリカの福祉権運動と性と生殖をめぐる政治
  • 第3章 スウィンギング・シックスティーズの脱神話化-アンジェラ・カーター『ラブ』再訪
  • 第4章 身体の「自律」から「関係」の身体へ-アニエス・ヴァルダ『歌う女、歌わない女』をめぐって
  • 第5章 女性性の戦略的表象-アンナ・オッパーマンの「アンサンブル・アート」と"六八年"の身体
  • 第6章 一九六〇年代日本の女性運動家の実情とイメージ-白土三平のマルクス主義的長篇漫画『カムイ伝』を題材に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈68年〉の性
著作者等 Ratcliff, Christian
土屋 和代
小松原 由理
山口 ヨシ子
村井 まや子
熊谷 謙介
神奈川大学人文学研究所
書名ヨミ ロクジュウハチネン ノ セイ : ヘンヨウ スル シャカイ ト ワタシ ノ シンタイ
書名別名 変容する社会と「わたし」の身体

Rokujuhachinen no sei
シリーズ名 神奈川大学人文学研究叢書 / 神奈川大学人文学研究所 編 37
出版元 青弓社
刊行年月 2016.2
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7872-3395-0
NCID BB20780537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22709527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想