南原繁の思想世界

加藤節 著

戦中に刊行した『国家と宗教』で果敢なファシズム批判を展開し、戦後改革で指導的な役割を果たした南原繁(一八八九‐一九七四年)。この傑出した政治哲学者は理想と現実の狭間で何と格闘し、日本においていかなる知的伝統を築いたのか。ながらく南原の著作と向き合ってきた著者が、その政治哲学の特質を原理的に探究し、時代との関わりや現代的意義を考察した論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 原理(南原繁における「学的世界観」と政治哲学)
  • 第2部 時代(ファシズム下の南原繁-時代を撃つ学問
  • 南原繁における敗戦の「神義論」と戦後体制構想)
  • 第3部 遺産(南原繁と丸山眞男-交錯と分岐
  • 近代日本と批判主義的政治学
  • 「国を愛する」ということ-内村・新渡戸・南原からの問い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南原繁の思想世界
著作者等 加藤 節
書名ヨミ ナンバラ シゲル ノ シソウ セカイ : ゲンリ ジダイ イサン
書名別名 原理・時代・遺産
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.2
ページ数 210p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024174-8
NCID BB20779786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22723031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想