エドゥアール・グリッサン

中村隆之 著

カリブ海フランス領マルティニック出身の作家エドゥアール・グリッサン(一九二八‐二〇一一)。「詩学」という独自の表現手法を用い、西洋的歴史観に抗し、奴隷制と植民地支配により収奪されてきた島・民の視点から歴史と世界を編み直し続けた。根源的な思索の末にたどり着いた"全‐世界"という思想は、混迷深まる現代に何を問うのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 開かれた船の旅(ガニの夢
  • 開かれた船 ほか)
  • 第2章 "一"に抗する複数の土地(詩的意図
  • ネグリチュードの「叫び」 ほか)
  • 第3章 歴史物語の森へ(フォークナー/グリッサン
  • 逃亡奴隷と歴史 ほか)
  • 第4章 消滅したアコマ、潜勢するリゾーム(『カリブ海序説』という試み
  • 集団的衰弱 ほか)
  • 第5章 カオスの海原へ(風景のリゾーム
  • 漂流する語り ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エドゥアール・グリッサン
著作者等 中村 隆之
書名ヨミ エドゥアール グリッサン : ゼンセカイ ノ ヴィジョン
書名別名 〈全-世界〉のヴィジョン

Eduaru gurissan
シリーズ名 岩波現代全書 083
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.2
ページ数 225,4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029183-5
NCID BB20776143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22715028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想