意味がわかるベイズ統計学

一石賢 著

200年以上前の数学者、トーマス・ベイズが考え出した「ベイズ統計学」は、明日の天気、株価、企業や人間の意思決定などを判断していく際に有効活用されている。そんなベイズ統計学を学んでいく上で、専門書はとっつきにくいけれども数式のない入門書では物足りない、これから本格的に学んでいくのに最適な「入門書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • きっかけは「ベイズの定理」
  • ベイズの定理をマスターする
  • ベイズで解く(本当に病気なのか
  • 潜水艦をどう探すか?)
  • 「連鎖の確率」を扱うベイジアン・ネットワーク
  • 「尤度」を理解するために
  • ベイズ統計でよく使う「確率分布」とは何か
  • 確率分布の力を試してみよう
  • 便利な近似計算「マルコフ連鎖モンテカルロ法」を使ってみる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味がわかるベイズ統計学
著作者等 一石 賢
書名ヨミ イミ ガ ワカル ベイズ トウケイガク : マズ ワ コノ イッサツ カラ
書名別名 BAYESIAN STATISTICS

BAYESIAN STATISTICS : まずはこの一冊から
シリーズ名 BERET SCIENCE
出版元 ベレ
刊行年月 2016.2
ページ数 222p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86064-465-9
NCID BB20769159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想