写真ノ説明

荒木経惟 著

目覚めてから眠りにつくまで、呼吸するように日々写真を撮り続ける"写鬼"アラーキー。その眼に映るすべてが被写体となる。年を重ねても衰えない膨大な写真の量と質、鬼気迫るほどの創作エネルギーは、見る者を圧倒。父、母、妻、愛猫の死、そして自身もガンに冒され、ついには写真家として最も大切な利き目である右眼を失明。だが、大切なモノを失うたびに、その写真はますます凄味と切なさを増していく。人生すべてが写真のアラーキーにとって、「写真ノ説明」とは、そのまま人生の説明であり、生き様の説明でもある。本書は、ここ一年余の活動を辿りつつ、過去の名作から最新撮り下ろし、ライフワークである「人妻エロス」の撮影模様、さらにかつて路上で行っていたワークショップの解説まで収録。最も旬なアラーキーと「私写真家人生」の全てが見えてくる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「死」と「再生」
  • 第2章 写真と「嘘」
  • 第3章 顔と男
  • 第4章 「楽園」と「地獄」
  • 第5章 現世と常世の「結界」
  • 第6章 夏のエロスと日本の「命日」
  • 第7章 「左眼」と「右眼」
  • 特別付録1 フォトライブ・ドキュメント「人妻エロス」
  • 特別付録2 写真の「仕掛け」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真ノ説明
著作者等 荒木 経惟
書名ヨミ シャシン ノ セツメイ
書名別名 Shashin no setsumei
シリーズ名 光文社新書 804
出版元 光文社
刊行年月 2016.2
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03907-3
NCID BB20764687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22705977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想