外国語を学ぶための言語学の考え方

黒田龍之助 著

誰もが近道や楽な方法を探そうとするが、結局は地道な努力しかないと思い知らされる外国語学習。だが、それでもコツは存在する。本書は、そのヒントとなる言語学の基礎知識を紹介。「語学には才能が必要」「現地に留学しなければ上達しない」「検定試験の点数が大事」「日本人は巻き舌が下手」といった間違った「語学の常識」に振りまわされず、楽しく勉強を続けるには。外国語学習法としての言語学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 言語学が隠し味である理由
  • 第1章 用語に気を遣う-繊細な言語学
  • 第2章 間違えるのが怖い-不安な言語学
  • 第3章 空気を読む-柔軟な言語学
  • 第4章 品詞もいろいろ-多様な言語学
  • 第5章 大切なのは過去-遡る言語学
  • 第6章 迫られる二者択一-張り合う言語学
  • 終章 浪漫主義言語学への招待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国語を学ぶための言語学の考え方
著作者等 黒田 竜之助
書名ヨミ ガイコクゴ オ マナブ タメ ノ ゲンゴガク ノ カンガエカタ
シリーズ名 中公新書 2363
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.2
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102363-6
NCID BB20741808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想