なぜ疑似科学が社会を動かすのか

石川幹人 著

企業における人事採用の際に、「性格診断」が使われることがある。しかし、非常に複雑な存在であるヒトの性格を、質問に答えてもらうだけで診断するのはかなり困難である。世間に流行している心理テストもほとんど疑似科学の疑いが強い。一方、巨大市場を形成しているサプリメントも注意が必要で、その効果をうたう主張のほとんどは疑似科学といえる。なぜこのようにあやしげな理論が蔓延しているのか?共同研究者とともに「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」を立ち上げた、疑似科学研究の第一人者が、進化生物学の視点から人間の心理の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間は生まれながらの疑似科学信奉者
  • 第1部 個人的体験の落とし穴-疑似科学のはじまり
  • 第2部 体験を知識に格上げする-いかにして科学となるか
  • 第3部 知識を社会で共有する-科学を使う
  • 第4部 蔓延する疑似科学-誤解をただす
  • 疑似科学を見分ける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ疑似科学が社会を動かすのか
著作者等 石川 幹人
書名ヨミ ナゼ ギジ カガク ガ シャカイ オ ウゴカス ノカ : ヒト ワ アヤシゲ ナ リロン ニ ダマサレタガル
書名別名 ヒトはあやしげな理論に騙されたがる
シリーズ名 PHP新書 1032
出版元 PHP研究所
刊行年月 2016.2
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82995-1
NCID BB20715433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22707247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想