日本におけるメディア・オリンピックの誕生

浜田幸絵 著

本書は、戦前の三つのオリンピック(ロサンゼルス大会、ベルリン大会、幻の東京大会)が、日本においていかなる社会的・文化的意味を持ち、国民意識の形成とどのように関わってきたのかについて明らかにするものである。オリンピックというメディアのイベントにおいて、ナショナリズムとインターナショナリズム、娯楽の要素はいかにして肥大化していき、極限に至ったのか。その過程を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • メディアのイベントとしてのオリンピック
  • 第1部 オリンピックの政治経済学-表象を生み出すメカニズム(新聞社-報道と事業活動をめぐる競争の過熱
  • 放送局-新技術の実験舞台としてのオリンピック
  • 企業-消費文化とオリンピックの結合
  • 政府・国家-対外宣伝・国内統合・外交戦略
  • 一九四〇年東京オリンピック-東京市・政府・メディア・企業の交錯する思惑)
  • 第2部 オリンピックの表象-メディアが描き出した一九三〇年代(東京三紙のロサンゼルス大会表象-国際舞台で奮闘する日本人
  • 東京三紙のベルリン大会表象-ナショナリズムの肥大化
  • 地方紙の報道-ローカリズムとナショナズムの重層構造
  • 雑誌の報道-多様な言説空間)
  • 近代日本におけるオリンピックの力学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本におけるメディア・オリンピックの誕生
著作者等 浜田 幸絵
書名ヨミ ニホン ニ オケル メディア オリンピック ノ タンジョウ : ロサンゼルス ベルリン トウキョウ
書名別名 ロサンゼルス・ベルリン・東京

Nihon ni okeru media orinpikku no tanjo
シリーズ名 MINERVA社会学叢書 51
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.2
ページ数 325,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07476-1
NCID BB20715058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22709549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想