近代中国の電信建設と対外交渉

薛軼群 著

通信特許権とは何だったのか。近代的グローバル通信網に編入される過程において中国は果たして一貫して受動的だったのか。20世紀前半の中国における日米欧各国や諸企業の利権外交の交渉過程を描き、中国の国際通信特許権をめぐる多国間の協調・対立関係の変容を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 近代中国とグローバル通信網の関係を理解する視座
  • 第1章 1870‐1900年代の中国における国際通信概況
  • 第2章 清末における露清・日清電信協約の成立について-日露戦争後の対外交渉を中心に
  • 第3章 北京政府期の電信事業「日中提携論」-交通部電政顧問中山龍次の視点から
  • 第4章 通信技術の変容-有線電信から無線電信への転換
  • 第5章 南京国民政府の国際無線通信交渉(1927‐1937年)-米中、日中無線協定を中心に
  • 第6章 海底線通信協定の改定をめぐる攻防-対大北電信会社の交渉を中心に
  • 終章 中国から見た通信権自立とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代中国の電信建設と対外交渉
著作者等 薛 軼群
書名ヨミ キンダイ チュウゴク ノ デンシン ケンセツ ト タイガイ コウショウ : コクサイ ツウシン オ メグル タコクカン キョウチョウ タイリツ カンケイ ノ ヘンヨウ
書名別名 国際通信をめぐる多国間協調・対立関係の変容
シリーズ名 現代中国地域研究叢書 16
出版元 勁草書房
刊行年月 2016.2
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-34906-7
NCID BB20709328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22708289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想