ユーラシア近代帝国と現代世界

宇山智彦 編著

「帝国」はユーラシアをどう変えたか。ロシア帝国、清朝、英領インド帝国、オスマン帝国…帝国の拡大・崩壊・再編と、現代への視座。3地域に、日本、オスマン、イラン、アメリカも加え、帝国・植民地の近代化、大国と小国の関係、帝国崩壊後の国家と世界秩序の再編を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ユーラシア近代帝国論へのいざない
  • 第1部 帝国と近代-相克と相乗(国民帝国の編成と空間学知の機能-日本の帝国形成をめぐって
  • 帝国とシャリーア-植民地イスラーム法制の比較と連関)
  • 第2部 帝国と周縁-まなざしの交錯(帝国へのまなざし-イラン国王、岩倉使節団、シャム国王とロシア・イギリス
  • 帝国とジェンダー-アニー・ベサントを手掛かりに
  • 周縁から帝国への「招待」・抵抗・適応-中央アジアの場合)
  • 第3部 帝国の崩壊と世界秩序の再編(第1次世界大戦と帝国の遺産-自治とナショナリズム
  • 経済開発・工業化戦略と脱植民地化-1940年代末〜60年代中葉のインドと香港
  • 「非公式帝国」アメリカとアジアの秩序形成-1945〜54年
  • 「帝国」としての中国-20世紀における冊封・朝貢認識と「中国」の境界)
  • 帝国・地域大国・小国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーラシア近代帝国と現代世界
著作者等 宇山 智彦
守川 知子
山室 信一
川島 真
池田 嘉郎
田畑 伸一郎
秋田 茂
秋葉 淳
粟屋 利江
菅 英輝
書名ヨミ ユーラシア キンダイ テイコク ト ゲンダイ セカイ
シリーズ名 シリーズ・ユーラシア地域大国論 4
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.2
ページ数 263p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07508-9
NCID BB20704914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22723038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想