青年期における心理的居場所感の構造と機能に関する研究

則定百合子 著

[目次]

  • 第1部 問題と目的(問題意識と居場所に関する先行研究の概観
  • 本書の目的と構成)
  • 第2部 心理的居場所感に関する基礎的研究-中学生における心理的居場所感(心理的居場所の概念に関する検討
  • 心理的居場所感および学校適応と精神的健康
  • 重要な他者に対する心理的居場所感と精神的健康)
  • 第3部 青年期における心理的居場所感の構造と発達(心理的居場所感尺度の開発
  • 重要な他者に対する心理的居場所感の発達)
  • 第4部 青年期における心理的居場所感の機能(心理的居場所感が抑うつ傾向に及ぼす影響-防御機能としての心理的居場所感
  • 心理的居場所感がレジリエンスに及ぼす影響-促進機能としての心理的居場所感)
  • 第5部 結語(総合考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青年期における心理的居場所感の構造と機能に関する研究
著作者等 則定 百合子
書名ヨミ セイネンキ ニ オケル シンリテキ イバショカン ノ コウゾウ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ
出版元 風間書房
刊行年月 2016.2
ページ数 141p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7599-2107-6
NCID BB20704175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22729429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想