東北の中世史  5

柳原敏昭, 熊谷公男 企画編集委員

豊臣政権による東北大名処分である「奥羽仕置」以降、近世へと至る時代の潮流に、東北の地域社会はいかに向き合ったのか。伊達政宗と蒲生氏郷の拮抗、"北の関ヶ原"長谷堂合戦など、激動する東北の転換期を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 転換する東北
  • 1 奥羽仕置
  • 2 朝鮮出兵と奥羽の城郭
  • 3 関ヶ原合戦と奥羽の諸大名
  • 4 街道・町と商人
  • 5 大名と村・百姓
  • 6 宗教と信仰
  • 7 奥羽の富のゆくえと人びとの移り変わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東北の中世史
著作者等 柳原 敏昭
熊谷 公男
高橋 充
書名ヨミ トウホク ノ チュウセイシ
書名別名 東北近世の胎動
巻冊次 5
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.3
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06496-5
NCID BB20703922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22709521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想