琉球王国と戦国大名

黒嶋敏 著

一六〇九年の島津侵入事件は、強者による単純な軍事侵攻だったのだろうか。琉球と島津氏ら戦国大名の半世紀におよぶ政治的な駆け引きを追う。緊迫感ある外交展開を描き出し、琉球と薩摩の関係の本質を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 四〇〇年の彼方へ-プロローグ
  • 尚元と島津貴久(第二尚氏王朝
  • 戦国大名島津氏
  • あや船と印判
  • 五五年体制)
  • 尚永と島津義久(二つの代替わり
  • 義久へのあや船
  • 戦国大名島津氏と印判
  • 尚永の外交転換)
  • 戦国大名の武威(拡大する島津領国
  • 織田信長と義久
  • 地域の公儀として
  • 譲歩する尚永)
  • 尚寧と島津義久(天下人のもとで
  • 尚寧と天下人秀吉
  • 打ち上げられた唐入り
  • 義久の外交ルート)
  • 島津侵入事件(出兵の理由
  • 不思議な文書
  • 出兵前夜
  • 尚寧の出仕)
  • 琉球と島津の半世紀-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琉球王国と戦国大名
著作者等 黒嶋 敏
書名ヨミ リュウキュウ オウコク ト センゴク ダイミョウ : シマズ シンニュウ マデ ノ ハンセイキ
書名別名 島津侵入までの半世紀
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 421
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.3
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05821-6
NCID BB2070225X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22713826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想