世界最強の女帝メルケルの謎

佐藤伸行 著

独首相メルケルは一見冴えない理系女子。ところが、いまや「EU大統領」のような存在に。東独出身の野暮ったい物理学者はいかにして権力を手にしたのか?そしてメルケル率いるドイツはどこに向かうのか?今日の世界を揺るがす「ドイツ問題」の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-「危険な女帝」か「聖女」か
  • 培養基の東ドイツ
  • メルケル立つ
  • 統一宰相の「お嬢ちゃん」
  • 魔女メルケルの「父親殺し」
  • 独中ユーラシア提携の衝撃
  • メルケルを盗聴するアメリカ
  • ロシア愛憎
  • メルケル化した欧州
  • リケジョのマキャベリスト
  • あとがきに代えて-中韓の術中に嵌まるなかれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界最強の女帝メルケルの謎
著作者等 佐藤 伸行
書名ヨミ セカイ サイキョウ ノ ジョテイ メルケル ノ ナゾ
シリーズ名 文春新書 1067
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.2
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661067-9
NCID BB20695722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22708905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想