中東複合危機から第三次世界大戦へ

山内昌之 著

2015年11月に起きた「イスラーム国(IS)」によるパリ大虐殺テロの直後、ローマ法王フランシスコは「これはまとまりを欠く第三次世界大戦の一部」だと表現した。その後も、同月のトルコ軍によるロシア軍機撃墜、2016年1月のイランとサウディアラビアの断交、「IS」による世界各地でのテロなど、危機が続いている。実際はいま、何が起きているのか。そして、これから何が起こるのか-。あまりにも錯綜した状況を、歴史や地政学をひもときながらも読み解き、今後訪れる「日本人の想像を絶する危機」を洞察する。激動する世界を知るための必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 イランとサウディアラビアとの対決-宗派戦争の恐怖
  • 第1章 ポストモダン型戦争と中東複合危機-国家・内戦・難民
  • 第2章 パリの大虐殺と「新しい東方問題」-戦争と市場の間
  • 第3章 地政学とムハンマドのリアリティ-大文字と小文字のイスラーム
  • 第4章 スンナ派とシーア派-分裂から抗争へ
  • 第5章 慈悲深き宗教者、前向きの政治家-政事と軍事のバランス感覚
  • 第6章 「イスラーム国」とは何か-シリア戦争と難民問題の深淵
  • 第7章 新露土戦争の危険-二つの帝国
  • 第8章 中東核拡散の誘惑-イランとトルコの競合
  • 終章 第三次世界大戦への道-短期決戦か長期持久か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中東複合危機から第三次世界大戦へ
著作者等 山内 昌之
書名ヨミ チュウトウ フクゴウ キキ カラ ダイサンジ セカイ タイセン エ : イスラーム ノ ヒゲキ
書名別名 イスラームの悲劇
シリーズ名 PHP新書 1031
出版元 PHP研究所
刊行年月 2016.2
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83005-6
NCID BB2068972X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22711271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想