ブッダが説いたこと

ワールポラ・ラーフラ 著 ; 今枝由郎 訳

「人間は誰でも、決意と努力次第でブッダになる可能性を秘めている」。スリランカ出身の学僧ワールポラ・ラーフラ(1907‐97)は、最古の仏典に収められたブッダのことばのみに依拠して、仏教の基本的な教えを体系的に説いた。究極真理をめざす実践の本質とは?近代精神を意識して書かれた英語圏最良の仏教概説書。1959年刊。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 仏教的な心のあり方
  • 第2章 第一聖諦-ドゥッカの本質
  • 第3章 第二聖諦-ドゥッカの生起
  • 第4章 第三聖諦-ドゥッカの消滅
  • 第5章 第四聖諦-ドゥッカの消滅に至る道
  • 第6章 無我(アナッタ)
  • 第7章 心の修養(バーヴァナー)
  • 第8章 ブッダの教えと現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブッダが説いたこと
著作者等 Rāhula, Walpola
Walpola Rāhula
今枝 由郎
Rahula Walpola
ラーフラ ワールポラ
書名ヨミ ブッダ ガ トイタ コト
書名別名 WHAT THE BUDDHA TAUGHT
シリーズ名 岩波文庫 33-343-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.2
ページ数 207p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-333431-7
NCID BB20683927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22720665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想