日本語文体論

中村明 著

眺める人間なしに風景は存在しない。作品をなす言語的軌跡の場で作者と対話する読者の主体的受容行動が"文体"というダイナミックな現象を実現する。独自の文体観が文体論の視界を拡げ、枠組を転換した。本書は半世紀にわたり文体研究ひとすじに歩んできた著者が、日本語表現に関心のある読者のために、作家の名文を具体例として、文学への文体論的アプローチを示す基本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文体の発見-さまざまな文章を生み出すもの
  • 2 文体研究の展望-文体観と方法論のパノラマ
  • 3 文体論の構想-ことばの奥に響く対話
  • 4 文体分析のモデル-実験室の現場から
  • 5 作品の文体-人のいる表現風景
  • 6 作家の文体-作品に映る人の生き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語文体論
著作者等 中村 明
書名ヨミ ニホンゴ ブンタイロン
シリーズ名 学術 341
岩波現代文庫 341
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.2
ページ数 372p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600341-8
NCID BB20676874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22704732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想