「文系学部廃止」の衝撃

吉見俊哉 著

大学論の第一人者による緊急提言!大学は、何に奉仕すべきか?迷走した廃止論争の真相と、日本を救う知の未来像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「文系学部廃止」という衝撃(瞬く間に広がった「文系学部廃止」報道
  • 「通知」批判の背後にある暗黙の前提 ほか)
  • 第2章 文系は、役に立つ(「役に立つ」とはいかなることか
  • 「役に立つ」の二つの次元 ほか)
  • 第3章 二一世紀の宮本武蔵(大爆発する大学をとりまく危機
  • 大綱化・重点化・法人化-新自由主義のなかの大学改革 ほか)
  • 第4章 人生で三回、大学に入る(大学は、人生の通過儀礼か?
  • 人生のなかに、大学を位置づける ほか)
  • 終章 普遍性・有用性・遊戯性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「文系学部廃止」の衝撃
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ ブンケイ ガクブ ハイシ ノ ショウゲキ
シリーズ名 集英社新書 0823
出版元 集英社
刊行年月 2016.2
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720823-8
NCID BB20668526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22706788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想