霊山と日本人

宮家準 [著]

主要霊山ごと、あるいは個別宗教ごとにしか語られてこなかった日本の山岳信仰。本書はそれを包括的に捉え、全体像をしめす、はじめての本である。霊山の特徴、信仰、儀礼などを人々の生活と関連づけて考えることで、山の霊性とは何かをあきらかにする。私たちはなぜ山を、心を癒やす縁とするのだろうか。いま、改めて自然や聖なるものを問いなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人の生活にとっての山
  • 第2章 山岳信仰の諸相
  • 第3章 森の信仰
  • 第4章 山岳信仰の歴史
  • 第5章 各地の主要霊山
  • 第6章 聖地としての山岳
  • 第7章 山の神格
  • 第8章 山の宗教者と動物・異人
  • 第9章 山のまつりと修行
  • 第10章 山から里へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霊山と日本人
著作者等 宮家 準
書名ヨミ レイザン ト ニホンジン
シリーズ名 講談社学術文庫 2347
出版元 講談社
刊行年月 2016.2
ページ数 329p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292347-7
NCID BB20661731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22692766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想