アレクサンドロスの征服と神話

森谷公俊 [著]

紀元前三三四年、ギリシアから東方遠征に出発、先進国ペルシアを征服し、わずか一〇年でインダス川に到達した大王。疲れた将兵が行軍を拒み、バビロン帰還後に熱病で死去するまでの三三年の生涯でいかに大帝国を築いたのか。死後、帝国が四分五裂したのはなぜか。カエサルも憧れ、神格化された後世への影響を探究し、新たなヘレニズム史を構築する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大王像の変遷
  • 第2章 マケドニア王国と東地中海世界
  • 第3章 アレクサンドロスの登場
  • 第4章 大王とギリシア人
  • 第5章 オリエント世界の伝統の中で
  • 第6章 遠征軍の人と組織
  • 第7章 大帝国の行方
  • 第8章 アレクサンドロスの人間像
  • 第9章 後継将軍たちの挑戦
  • 終章 アレクサンドロス帝国の遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アレクサンドロスの征服と神話
著作者等 森谷 公俊
書名ヨミ アレクサンドロス ノ セイフク ト シンワ
シリーズ名 興亡の世界史 2350
講談社学術文庫 2350
出版元 講談社
刊行年月 2016.2
ページ数 393p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292350-7
NCID BB20660262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22692762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想