例外小説論

佐々木敦 著

「例外小説」とは何か-?それは「前衛小説」ではなく、「純文学とエンタテインメントを越境した小説」でもない。例外小説とは"これは小説なのか?"という疑問/問い/思索を喚起する「小説という事件」なのである。円城塔、伊坂幸太郎、阿部和重、古川日出男、奥泉光、保坂和志、磯崎憲一郎、山下澄人など、各紙誌に掲載された32人の「例外小説家」の61作の「例外小説」評を収録。作品における、形式的構造と偶然的現実のトポロジカルな相互含有の交点を見出すことで、文芸評価の新たな地平を拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 例外小説とは何か?
  • 1 例外SF論(円城塔
  • 伊藤計劃 ほか)
  • 2 例外エンタメ論(伊坂幸太郎
  • 阿部和重 ほか)
  • 3 例外文学論(古川日出男
  • 絲山秋子 ほか)
  • 4 例外文学論・その2(保坂和志
  • 柴崎友香 ほか)
  • はじめての小説論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 例外小説論
著作者等 佐々木 敦
書名ヨミ レイガイ ショウセツロン : ジケン ト シテ ノ ショウセツ
書名別名 「事件」としての小説
シリーズ名 朝日選書 941
出版元 朝日新聞
刊行年月 2016.2
ページ数 371,3p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263041-4
NCID BB20645644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22693876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想