島の眺望

中島平三 著

日本の英語学研究を牽引してきた著者が、これまでの研究の集大成として出版する英語学モノグラフ。生成文法の研究史で一貫して主要な研究テーマとなってきた問題を、ミニマリスト・プログラムの中核的概念であるフェイズおよび最小性原理の概念を用いて、原理的に説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 補文標識の選択
  • 第2章 補文標識分布のより自然な説明を求めて-フェイズ理論による説明
  • 第3章 島的環境とδ役割
  • 第4章 δ役割とルート変形
  • 第5章 受動化と言語設計の3要因
  • 第6章 まとめと結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島の眺望
著作者等 中島 平三
書名ヨミ シマ ノ チョウボウ : ホブン ヒョウシキ センタク ト シマ ノ セイヤク ト ジュドウカ
書名別名 補文標識選択と島の制約と受動化
出版元 研究社
刊行年月 2016.2
ページ数 227p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-327-40166-5
NCID BB2063458X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22708086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想