IoT時代のプラットフォーム競争戦略

加藤和彦 著

本書は、「プラットフォーム製品」関連のビジネスに携わる、またはこれから携わりたいと考えている方に読んでいただきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 プラットフォーム競争戦略の探究
  • 第1章 プラットフォーム製品戦略の黎明
  • 第2章 プラットフォーム製品戦略の先行研究レビュ
  • 第3章 プラットフォーム製品のドミナント化要因
  • 第4章 後発プラットフォーム製品提供者の操作項目
  • 第5章 推論によるドミナント化モデルの提示
  • 第6章 階層介入戦略と位置付け
  • 第7章 階層介入の事例研究
  • 第8章 事例から導かれた新たな効果や現象
  • 終章 階層介入戦略の新たな分野への知見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IoT時代のプラットフォーム競争戦略
著作者等 加藤 和彦
書名ヨミ アイオーティー ジダイ ノ プラットフォーム キョウソウ センリャク : ネットワーク コウカ ノ レバレッジ
書名別名 ネットワーク効果のレバレッジ

Aioti jidai no purattofomu kyoso senryaku
出版元 中央経済社 : 中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2016.2
ページ数 197p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-17471-1
NCID BB20614673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22705242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想