日本語学習・教育の歴史

河路由佳 著

日本語を学び教えた人びとの交流。日本、露、欧州、北南米、アジア、太平洋地域-日本語の歴史的変容から各地での学習・教育の展開までを描く。日本語教育の基礎知識を学べる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語の歩んできた道(異文化接触と「日本語」)
  • 2 日本における日本語学習・日本語教育(来日外国人による日本語学習-近代以前〜一九世紀末
  • 近代日本の日本語教育-一九世紀末〜一九三〇年代
  • 日本語教育激動の時代-一九三〇年代〜現代)
  • 3 露・欧・米などの日本語研究・日本語教育(ロシア-一八世紀〜現代
  • ヨーロッパ-一八世紀〜現代
  • 南北アメリカ、イギリス、オーストラリア-一九世紀〜現代)
  • 4 アジア・太平洋地域の日本語学習・日本語教育(中国、朝鮮-近代以前〜現代
  • 台湾、南洋諸島-近代以前〜現代
  • タイ、ベトナム-近代以前〜現代
  • シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ミャンマー-近代以前〜現代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語学習・教育の歴史
著作者等 河路 由佳
書名ヨミ ニホンゴ ガクシュウ キョウイク ノ レキシ : エッキョウ スル コトバ ト ヒトビト
書名別名 越境することばと人びと

Nihongo gakushu kyoiku no rekishi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2016.1
ページ数 306,19p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-082019-6
NCID BB20554389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22698612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想