理系学術研究者になるには

佐藤成美 著

理系学術研究者はみんな、宝探しのように日々実験をくり返し、成果をまとめます。分子や原子に刺激を与えて新たな反応を得る、小たな隕石から宇宙の謎を解く手がかりを見つける-新たな発見をした時のときめきを胸に、チャレンジし続ける世界の住人なのです。本書では好奇心旺盛な研究者が多数登場し、その仕事の魅力を語ります。学術論文や学位の仕組み、研究分野の広がりについても詳説した情報満載の1冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ドキュメント 研究する日々の喜び!(ナノレベルのものづくりに挑む研究者-大竹尚登さん・東京工業大学大学院理工学研究科
  • 実験により新しい方法を生み出す研究者-伊藤肇さん・北海道大学大学院工学研究院
  • 日本最大の研究所で活躍する研究者-立田由里子さん・理化学研究所疾患糖鎖研究チーム)
  • 2章 理系学術研究者の世界(学術研究とは
  • 学術研究者と論文
  • 理系の学問と研究分野
  • 研究施設のいろいろ
  • 生活と収入
  • 学術研究者のこれから)
  • 3章 なるにはコース(適性と心構え
  • 理系学術研究者への道
  • 大学院について
  • 就職について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理系学術研究者になるには
著作者等 佐藤 成美
書名ヨミ リケイ ガクジュツ ケンキュウシャ ニ ナル ニワ
書名別名 Rikei gakujutsu kenkyusha ni naru niwa
シリーズ名 なるにはBOOKS 143
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2016.2
ページ数 145p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8315-1421-9
NCID BB20550253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22685826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想