民衆の神キリスト

野呂芳男 著

実存論的な神学を掘り下げて、民衆宗教の土壌へ。近現代の神学と格闘した、半世紀におよぶ独自な宗教思想の歩み。往年の名著を改訂し、書き下ろしの二つの章を増補した。生前の著者自身の構想に基づく完全版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代の状況と福音の理解
  • 1 神の存在と働き(話し合いの問題と神学的認識論
  • 啓示と実存
  • パウル・ティリヒの存在論)
  • 2 実存論的神学の創造(神学における主観‐客観の構造の超克
  • キリストとしてのイエスの出来事)
  • 3 死と時間(時と永遠
  • 死後の命)
  • 4 民衆の中に生きるキリスト教 二〇〇一年(万有救済論
  • 神と実存)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民衆の神キリスト
著作者等 野呂 芳男
書名ヨミ ミンシュウ ノ カミ キリスト : ジツゾンロンテキ シンガク カンゼンバン
書名別名 実存論的神学完全版
出版元 ぷねうま舎
刊行年月 2015.12
版表示 完全版
ページ数 382,16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-906791-52-1
NCID BB2054912X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22686352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想