デイヴィッド・ヒューム

ニコラス・フィリップソン 著 ; 永井大輔 訳

忘れ去られた大著『イングランド史』に分け入り、哲学から歴史へ向かった巨人の足跡を初めて明らかにした決定版評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生涯と著述
  • 第2章 政治、洗練、文人たち
  • 第3章 懐疑論、科学、人間の自然史
  • 第4章 イングランドの歴史に向けた哲学者の思惑
  • 第5章 『イングランド史』・その一-ステュアート王家と"比類なき国制"の起源
  • 第6章 『イングランド史』・その二-テューダー王家と初期イングランド史
  • 第7章 哲学、歴史、『イングランド史』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デイヴィッド・ヒューム
著作者等 Phillipson, N. T.
Phillipson, Nicholas T
永井 大輔
Phillipson Nicholas
フィリップソン ニコラス
書名ヨミ デイヴィッド ヒューム : テツガク カラ レキシ エ
書名別名 David Hume

哲学から歴史へ
出版元 白水社
刊行年月 2016.2
ページ数 208,15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08485-4
NCID BB20535646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22687275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想